大学生時代に写真を始めたときからずっと、
暗い色合いに光が取り込まれる画が好きです。
なので、写真を撮る時の露出は−1.3前後が多く、
そこに上手く光を入れ、見せたいものを魅せるように構図取りをしていました。
映像でもそこは変わらず、露光の落としたシネマティックに落ち着いた画を、
カメラワークでどんな風に遊ばせたら面白いかを考えています。

かといって自分は映像カメラマンでも編集者でも無いプロデューサーという役割で、
かつ、広告という業種にいる立場なので、そういう自分好みは趣味で良いと思っていました。
…が、そういう色をHaMとしての映像表現にするのもアリかなと最近思っています。
クライアントさんや露出メディアをセグメントしてしまうことになるかもしれませんが、
そういう表現が好きなクライアントさんもいらっしゃるのではないかな、と。

この間制作させていただいた「株式会社シーエーピー」様の映像は、
そんな自分好みを少しばかり取り入れさせていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=nh43TPvQW3k
企業PV 60sec
60秒で制作することで、SNSでも使いやすくし、
カットも多めに取り入れることで、飽きのこない映像を意識しています。

HaMはまだまだ成長段階の会社です。
大切な制作仲間たちがやりたいことをどんどん挑戦できる場として、
クライアント様にとって頼んで良かったと思っていただける企業として、
富山から全国へ素敵なモノを発信して行きたいと思います。

Miyazaki

関連記事

  • 関連記事
TOP